幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

セルフイメージ

【セルフイメージ書き換えシート】検証②《長所と短所》

2016/07/18

037
『なりたい自分』を明確に知るためのワークを【Lesson7】にてご提案しています。

 

なりたい自分がわからない人なりたい自分探しから始める人にも、なりたい自分を発見しやすくするための【セルフイメージ書き換えシート】を貼り付けていますのでぜひご参考にしてみて下さい。

 

最大のコツは、実現が出来る出来ないは深く考えず、こんな自分になりたい、憧れのあの人みたいになりたい♡と出来るだけ詳しく妄想しながらワクワクして書くことです♪

 

☞ 【セルフイメージ書き換えシート】~自分の価値観を知る~

Sponsored Link

Sponsored Link




【セルフイメージ書き換えシート】を検証②

ここでは、【セルフイメージ書き換えシート】の2つ目と3つ目の項目、『自分の長所と短所』について説明していきます。

 

1つ目の項目はこちら↓

☜ 【セルフイメージ書き換えシート】検証①《感謝する》

 

自分自身のことは自分が一番良く知っているとは思いますが、ノートに書き出すことにより自分がどんな人間か、客観視出来て分析することができますので、ぜひ書いてみて下さい。

 

◆自分の長所(正しいセルフイメージ)

自分のポジティブな要素(長所)は自己肯定感であり、自分自信の存在を認めてあげたい部分ですね。

 

当たり前のような事でもそれに気付いてあげて改めて確認し、そこは貴女の魅力のひとつなので大切に育てていって下さい。

 

また、自分の長所を知ることで、満足感や安心感、自信にも繋がりますので謙遜せずにどんどん思い当ることを書いてみましょう。

 

◆自分の短所(手放すセルフイメージ)

自分のネガティブな要素(短所)で、弱点とか欠点とも言えます。

 

そういった自分の短所も書き出して客観視することで冷静に見つめ直すことができます。

 

普段はあまり自分の欠点にばかり注目するのは良くないのですが、こうして自分の欠点を見直し学びとして反省するのも、時々は必要かなと思います。

 

けれど基本的には自分の長所にフォーカスして自分を認めて褒めてあげて伸ばすことを前提として下さいね。

 

何でもそうですが、物事は良い側面悪い側面の二つから成り立っています。

 

つまり、同じ物事でもネガティブな面を見るのか、ポジティブな面を見るのか、どちらかという事です。

 

この”短所”というのは悪い側面を見ています。

 

だけど、良い側面から見てみると”長所”にもなり得るわけです。

 

例えば、私の短所のひとつに「思い立ったら深く考えずすぐに行動してしまう」というところがあります。

 

悪い側面から見ると、無計画で良く考えもせずに思い立ったらすぐに行動してしまうため、予想外の事態が起きてしまったり、相手がいる場合は自己中になったりして迷惑をかけることもあるかもしれません。

 

石橋を叩かずに渡る性格なので石橋が崩れる危険性がいつも伴っているわけです。

 

ですが良い側面から見ると、普通の人が時間をかけて考え悩むところをすぐに実行に移せる行動力があるとも言えます。

 

いつも切り替えと決断と行動が早く、予想外の事態が起きてももう慣れっこで、それをどうにでも回避する能力も受け入れる需要量も養われています。

 

そんな感じで、自分の短所も見る面を変えることによって短所ではなくなるわけです。

point

ここでのワークのまとめ

・長所を書き出し、自分を肯定し認めて褒めてあげる

・時々は短所(欠点・弱点)を書き出し、客観的に見つめ直す

・短所を長所に置き換えてみる

 

日頃からネガティブな側面よりポジティブ側面を見る癖付けをすると良いですね。

 

人はどうしてもネガティブな側面にフォーカスする癖があります。

 

ですが、ポジティブな側面から見るように癖付けするのは意外に簡単な事です。

 

「今日は✕✕だったけど、お陰で〇〇になれたわ♪」のように「良かった探し」をしたり、誰かの愚痴を聞いも「本当ね、それは困ったわね。でもそのお陰で〇〇ができたじゃない♪」と必ず最後にフォロー入れたり、日々意識していくことで習慣化していくことができます。

 

「短所を克服することは難しい」と深く考えずに、見る面を変えて簡単にセルフイメージを書き換えてみましょう。

 

☜ 【セルフイメージ書き換えシート】検証①《感謝する》

☞ 【セルフイメージ書き換えシート】検証③《ロールモデルを作る》

 

-セルフイメージ