幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

セルフイメージ

【Lesson3】セルフイメージは幼少時代から作られる

2016/07/02

004
Lesson3

Sponsored Link




セルフイメージが幼少時代から作られる仕組み

セルフイメージとは、子供の頃の親や環境からの刷り込みや、経験などから無意識に作られる「自分自身がどんな人物かというイメージ」です。

 

☞ 【Lesson1】知らないと人生損するセルフイメージとは?

 

Sponsored Link


 

「あなたはダメな子ね!」と言われ続ければ「自分はダメなんだ」と、「君はとても頑張り屋さんだね」と褒められれば「自分はとても頑張ることができる人なんだ」と、無意識に心の中に刷り込まれていくのです。

 

もしかすると、今は自分が我が子にマイナスな言葉を刷り込んでしまってはいませんか?

 

「ママ、私は将来AKBみたなアイドルになりたいの」
「バカね、そんな簡単になれるわけないでしょ~」

 

「お母さん、僕は日本代表サッカー選手になりたいんだ!」
「そんな誰でも簡単になれないの!」

 

確かにそうなのですけど、競争率が高かったり可能性が低くても、実際に努力して子供の頃からの夢を成し遂げて、アイドルや国を代表するサッカー選手になれた人達も大勢いるわけです。

 

そうした大人の勝手な判断や価値観からの刷り込みによって、子供の可能性が摘み取られてしまうことが残念ながらたくさんあります。

 

そういった事の方がほとんどです。

 

そんな風に子供に言ってしまっている大人たちも、そうして子供の頃に刷り込まれてしまったので仕方ないのです。

 

「自分はそうはなれない」とか「自分はこの程度の人間だ」という自分自身への限界を作ってしまうのです。

 

そうして刷り込まれたセルフイメージに従って、なんの疑いも持たずにあなたはその通りに振る舞ってしまうのです。

 

だけど、セルフイメージは誰でもいつからでも変えることはできますので、安心して下さい。

 

☜ 【Lesson2】セルフイメージが与える影響とは?

☞ 【Lesson4】セルフイメージの書き換えで外見を美しくする2つの方法

 

-セルフイメージ