幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

マインドセット

恋愛・結婚・買物など『妥協』しない人生を送る

2016/09/10

0127
 

今日はお友達とランチを楽しんできました。

 

その後プラプラ~っとショッピングに行き、「あ、こういうの欲しかった!買う!」と思えるアンクレットに巡り合えたので迷わず買いました。

 

わたくしはいつも服やアクセなど身に付ける物からインテリア用品まで、全てにおいて欲しい物のイメージがハッキリしているので、なんとなくで物を買うっていうのはほとんど無いんです。

 

妥協して得たくないのでイメージに合った物を見つけたときは即買いです。

 

収納に関しても妥協はほとんどしません。

 

例えば、幅80cm、高さ2mの空きスペースに棚があったらバッチリ!と思ったら、ピッタリサイズの棚をとことん探して、見つかれば少々高くても買います。

 

散々探して見つからなければ自作します。

 

靴も、ヒールの高さは何cm以上で、素材はこんなので、色はブラックが欲しいってなると、イメージ通りの物に出会うまでは、「少しヒールが低いけどまぁいっか」と妥協してまで買いません。

 

今日はジャケットが欲しくて買いに来たから、このお店の中のどれかから取り敢えず買うっていうパターンも、よっぽど急に必要となってしまった以外ではありません。

 

でも飾られている服を見て、「これだ!」って思ったら値札を見ないで買うことはあります。

 

『妥協』っていうのが好きじゃないんです。

 

というか、『妥協』できない=融通が効かないバカ なのでしょう(笑)

 

でも『妥協』しないことで良いことがたくさんあります。

 

妥協して買った物はやっぱり後でいらなくなったり飽きたり、服なら着なくなったり、結局はただの不要なものになっていたりします。

 

妥協しないで得たモノは、ずっと重宝するものです。

 

皆様は何か『妥協』していることありますか?

Sponsored Link


何かを決めたり選んだりするときは、納得してそれをチョイスしていますか?

 

レストランのメニューやお店で、どれもこれも欲しい物がたくさんあって選べない!!とか、全部食べたい!!とかで迷っているならそれはとても幸せなことですね。

 

ですが、限られた中からいつまでたっても決められないのは、その中に本当に欲する物が無い可能性があります。

 

もし、食べたい物のカロリーを気にしたり、欲しい物の値段を気にして選べないなら、本当は欲しいものがそこには無いということです。

 

それ以外でももしかしたら、結婚適齢期過ぎてるからってお相手を妥協して結婚したり...

 

現在の彼氏やお仕事に満足していないけど、自分にはこれくらいが妥当とか思って続けていたり...

 

「本当はこんなの嫌なんだけど、でもどうせ私には無理だし…」って妥協した人生を送っていませんか?

 

自分が「こんなお店でこんな美味しい物が食べたい♡」「これが欲しい♡」「こんな人と結婚したい、もしくはお付き合いしたい♡」という気持ちを大切にして欲しいなと思うんですよね。

 

「自分にはそんな高級レストランは似つかわしくないから」とか「ブランドバッグ欲しいけど千円のトートバッグで我慢しよう」とか、確かに自分の身の丈に合った物を選ぶことは必要です。

 

が、はたして貴女の本心は何を望んでいるのでしょうか?

 

自分が望んでいる気持ちを「自分には無理だからこれで我慢」って妥協してしてしまうのは、本来の自分より低いところにセルフイメージを置いてしまっているかもしれません。

 

だって貴女は「これが欲しいけど」ってちゃんと自分の望むものが明確にわかっているのに、どうしてそこを通り過ぎて求めてもいない違うところに向かって行ってしまうのでしょう?

 

本当にそれを手に入れるお金がどこからも出てこないのか、もしくはそれを手に入れるためのお金をこれから作り出すことはできないのだろうか?

 

どうせ私には無理だし...似合わないし...不釣り合いだし...高いし...

 

そんなふうに妥協して諦める癖がついてしまっていませんか?

 

自分が本当に欲しい物は何か?ということを常に考えて、そこにフォーカスした生活を送るようにしていくと、本当に自分が欲しいと思ったものは意外と簡単に手に入ったりします。

 

それでもわたくし達は、人と関わっていく人生において、妥協しなければいけないことが幾度かあるでしょう。

 

旦那様とのこと、彼とのこと、職場や学校でのことなどです。

 

でも妥協してるってある意味お相手にも失礼ですよね。

 

「私は妥協して彼と付き合ってます」って、彼にも自分にも失礼じゃないですか?

 

そうではなくて、何を優先としているか。

 

「私の理想像に彼はパーフェクトではないけれど、妥協して付き合っている。」ではなくて、

 

「私の理想像に彼はパーフェクトではないけれど、彼の人間性をリスペクトしている

 

「私の理想像に彼はパーフェクトではないけれど、それより彼の人間性を一番重視している

 

そう考えるならお相手にも失礼ではないし、自分にとっても妥協や諦めではありませんよね。

 

自分は一番何を望んでいるのか。

 

自分が何を優先するのか。

 

自分がどんなことを一番求めているのか。

 

譲れないことは何なのか。

 

それらに耳を傾けて、自分のセルフイメージをあえて下げるようなことはしないようにしたいものですね。

 

それは思考の癖だったりするので、直すように意識していれば直りますし、そうすることで自分の手に入るものの枠も広がっていきます(^_-)-☆

-マインドセット