幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

子育て・家事

娘が無事に高校卒業式を迎えた母の心境

2016/07/02

022
昨日は娘の高校の卒業式でした🌸

 

思えば3年前、普通の私立女子高に通うのか、支援学校に通うのかとてもとても悩みました。

 

社会的な支援を頼りにして、早朝の電車一本遅れると1日1本しか出ないスクールバスに遅刻してしまうような遠方で交通の便が悪い場所で、最初は誰もお友達もいない、それでも支援学校を選ぶのか…

 

それとも同じ中学から何人か一緒に電車通学できる3年間楽しい想い出たくさん作って遊んで終わるであろう私立の女子高か…

 

Sponsored Link


 

普通に就職して社会に適合できるのか、何がこの子にとって一番幸せなのか…

 

数校見学して、色々葛藤して、先生や家族と相談して悩みましたが、結局最後は本人の一言…「みんなと同じ普通の学校に行きたい…」それで瞬時に決まりました。

023
心配性の私は電車通学も心配で、ホームから線路に落ちたりしないかとか、何か事故に巻き込まれたときに即座の対応が出来ないであろう娘に、本当は学校持参は禁止だけど緊急連絡のためにスマホを持たせたりしていました。

 

そんな感じで不安なスタートでしたが一日も休むことなく3年間頑張ってくれました。

 

たくさんお友達もできて女子高生ライフを満喫していたようです♪

 

来月からの就職先も決まっていて、明後日からお友達と卒業記念旅行に行くそうです。

 

帰ってきたらリクルートスーツ新調しに行かなきゃ。

 

そんなこんなで私も肩の荷が一つ降りた気持ちですが、娘を授かった時からこれまでを振り返ると自分が自立するのにいっぱいいっぱいで、母としてたいして何もしてあげられなかったけどよくぞここまで一人で素直に真っすぐ育ってくれたと、今は感謝の気持ちしか思い浮かびません。

 

3年前の入学式へ行く電車の中で、切符の買い方から(それくらい知ってると言われたけど💦)電車のマナーも教えました。

 

「ホームの黄色い線から前に出るな!!」と何回もしつこく言って嫌がられ(笑)

 

「もしホームから落ちた時は助けが来るまであそこの凹んだところにすぐに逃げるのよ!!」と何度も言いすぎて逆に怒られました(笑)

 

1年生の間は真っすぐ帰宅していたので帰りも16時と早かったです。

 

それからお友達と立ち話や寄り道も覚え、最近では夕食の時間に帰ってこないことや、夜遅くに帰ってきて私にお説教されることもしばしば…

 

それでも母は、帰りが遅い心配とは裏腹に、そんな普通の女子がやるようなことも出来るようになったのかと内心はちょっぴり安心し複雑な心境でした。

 

今は、母としてあまりなにもしてあげられなかった申し訳ない気持ちと、何もしてあげてないのに勝手に一人で健康に真っすぐ素直に育ってくれたことの感謝の気持ちでいっぱいです。

 

それと、学校に通いながら家事も主婦並みに手伝ってくれて、朝からちゃっちゃと洗濯を済ませ遊びから帰ったらキッチンを片付け、弟の面倒も文句を言いながらでも見てくれて、私が仕事に追われていると食事も進んで作ってくれていました。

 

ゴミの日はゴミを持って「行ってきまーす!」と出ていく娘の姿が眩しくて、きちんと自分のやるべき家事を済ませてから遊びにいっていた彼女に尊敬すらしています。

024
あと成人までの2年は今まで頑張ってくれた分、存分に甘えさせてあげたいなぁ…なんて思います。

 

今回の投稿は私事の日記を長々と書きましたが最後まで読んで下さった方ありがとうございます♡

 

娘もあと何年かして”女性”と呼べるくらいになったらこのブログ読んで欲しいなぁ…( *´艸`)♡

 

☞ 超低体重出生児でも産まれてきてくれた娘

☞ 発達障害の子供を持つ母として、ご相談を受けました

 

-子育て・家事