幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

人間関係・恋愛・結婚

母と娘、それぞれ違う生き方

2016/08/07

0103
今日は母の誕生日のお祝いに、妹と3人で食事に行ってきました。

 

この歳になってようやくわたくしを生んでくれたことに感謝の気持ちを表せるようになりました。

 

自分が生きている意味を見いだせなかった頃は、そんなこと考えたこともなかったけど。

 

今は、この世に生んでくれたことを本当に有難く思います。

Sponsored Link


そう思えるのもやっぱり昔と違って今が充実していて楽しんで暮せているからだと思います。

 

好きな生き方を自分で選択できることに気付けて良かったと思います。

 

自分の生き方は自分で決める。

 

辛く悲しい生き方を選ぶのも、楽しんで充実した生き方を選ぶのも、自分で選択することができる。

 

人生は実はとってもシンプルで、自分がやりたいかやりたくないか、結局のところそれだけなのではないかと思います。

 

一緒にいて嫌な人と居ることを選んでいるのも自分だったり、やりたくないことをやっているのも自分の選択なんですね。

 

毎度ながら今日も母から父の愚痴を聞かされました。

 

聞いてあげると少々気が紛れるようなので、姉妹で聞いてはあげていますが、内心ではやっぱり、愚痴を誰かに聞いてもらって憂さ晴らしするのは一時しのぎでしかないとわたくしは思います。

 

ついつい根本的解決を求めて厳しめのアドバイスをしてしまう性分のわたくしは、聞いてもらいたいだけの愚痴をこぼす相手にはふさわしくないでしょう(苦笑)

 

母が本気で父のことで悩んで頭と胃を痛めているようなので、一時しのぎではない厳しい意見、「人生における全ての選択権は自分自身にあり、父といることも、父と離れれることも自分で選ぶことができる」ということを伝えました。

 

が、一歩踏み出す勇気も自信もなく我慢の人生を仕方なく生きていくようです。

 

 

わたくしのようにリスクを背負ってでも根本的な解決をして楽に生きようとする人間と、母のようにリスクを背うくらいなら今のまま不満を抱ええて我慢するのが当然と考える人間

 

自分を犠牲にして我慢を美徳とし、世間体を気にしながら「普通はそうだから」と生きる母。

 

自分に正直に大切にし、我慢が嫌いでやりたい事をやる、欲しい物も手に入れる、世間体なんか気にしない「普通ってなに?それ偉いの?」そんなわたくし。

 

親子でもこうも違うものかと(笑)

 

69歳の母、ただ、残りの人生は、なんでも自分で選択できることに気付き、楽しい悔いのない人生を生きて欲しいなと心から思います。

 

-人間関係・恋愛・結婚