幸せ美人になる秘密のレッスン

誰でも必ず『なりたい自分』になれる。セルフイメージ・セルフマネジメント・マインドセット♥

美意識

『大人女子力』を上げる

2016/09/10

0136
 

心豊かな幸せ美人に導く専門家、しまづ恭子です♪

 

昨日は誕生日に娘がサプライズでケーキを用意していてくれたのですが、もう一つサプライズがありました。

☞ 美しく歳を重ねるために♡

 

いつも洗車はガソリンスタンドでやってもらうのですが、たまには自分で愛情込めて洗ってあげようと、庭でTシャツに短パンで汗だくになって洗車していました。

 

そしたらうちの庭の前に車が停まって、おじさんが大きな花束を持ってこちらへやってきた...

 

誰かなと思ったら花屋さんでした。

 

Tシャツに短パンでおまけにスッピン💦

 

とても華やかな大きな花束なんて似合わない姿でしたが、ありがたく受け取らせて頂きました♪

 

ご近所のご主人や奥さんに、そんな姿で花束を受け取る姿を見られてしまって、ちょっと恥ずかしかったのですが、男性からお花を頂くなんて久しぶりだったので嬉しかったです(#^^#)

 

花束を贈られてトキメクなんて、わたくしもまだまだ女子だなぁ♥と思いました( *´艸`)

 

さて、今日はそんなこともあったので、女子としての心構えなんかを考えてみたいと思います。

Sponsored Link


女子といっても、『大人女子』についてです。

 

女性に生まれたからには、身も心も死ぬまで女性でありたいと思うのが本心ですよね。

 

一昔前は40代ともなると「おばさん」って感じでした。

 

子供の頃は友達のお母さんに「〇〇ちゃんのおばちゃーん!」って呼んでいませんでしたか?

 

今は「おばちゃん」「おばさん」って凄くイメージ悪くてネガティブな存在の代名詞みたいになってますよね。

 

友達のお母さんを呼ぶときも「〇〇ちゃんママ」とか「〇〇ちゃんのお母さん」っていうのが多いし、「おばちゃん」なんて呼ばれたら怒る人も多いです(笑)

 

子供はとても正直で、観察していると、あっちの女性には「あの女の人」って言うけど、そっちの人には「あのおばちゃん」って言っている(~_~;)

 

天使のような顔をして時々悪魔のように残酷です(笑)

 

さて、あなたは周りの子供達になんて呼ばれていますか?

 

それは自分を知るバロメーターでもあります。

 

「大人女子」「おばちゃん」の区切り線はどこなのでしょうか?

 

わたくしが感じた「大人女子」「おばちゃん」の違いをまとめてみました。

 

1⃣ 大人女子は淡々と話す

おばちゃんは声が大きい!

 

2⃣ 大人女子は身振り手振りは最小限

おばちゃんはリアクションも大きい!

 

3⃣ 大人女子は気配りができる

おばちゃんは図太い

 

4⃣ 大人女子は聞き上手

おばちゃんは人の話や都合の悪い事は聞いていない

 

5⃣ 大人女子は親切

おばちゃんはおせっかい

 

なんだか書いていて自分にも当てはまるところがあって笑えてきた(笑)

 

まだいきますよ!

 

 

6⃣ おばちゃんは損得勘定が強い

 

 

7⃣ おばちゃんは椅子が空いたらすかさず座る

 

 

8⃣ おばちゃんは数量限定に弱い

 

 

9⃣ おばちゃんはタダならなんでも貰っておく

 

・・・きりが無いのでもうこの辺にしておきます。

 

どうですか?ギクッとすることありませんでしたか?(笑)

 

わたくしはありました(/ω\)

 

しかし今の40代の女性は綺麗な人が多いですね。

 

可愛らしさを残したまま、歳を重ねたからこそ内面の魅力がにじみ出ている女性は、若い子には真似できない深みというか、何とも言えない魅力がありますね。

 

ただ歳を取るのではなく、内面の美しさや外見の若々しさが混在して美しく歳を重ねた大人女子は、同年代や年配の男性だけでなく、若い男性にも人気です。

 

わたくしたちも、日常のところどころでふと立ち止まって(←動きを止めて本当に立ち止まるわけではなく)客観的に自分を見るよう意識したいものです。

 

例えば、スーパーでお買い得商品におばちゃん達が群がっていても、ふと立ち止まって大人女子を意識する。

 

それとか、ビュッフェで出来立てアツアツのお料理や数量限定スイーツが出てきても、形相を変えて飛びつかない!(笑)

 

他にも、急いで自転車をこいでいるとき、ギリギリセーフで電車に走って飛び乗ったとき、参観日での授業中の雑談、人の悪口を話しているとき、などなど…意外と人に一歩離れたところから冷静に見られているものです。

 

あと、特に止めた方が良いと思うアルアルなことなんですが、男性から「可愛いね」「綺麗だね」って褒め言葉を頂いたときに、「そんなこと言ってもなんにも出ないよ!」ってセリフ(苦笑)

 

照れからつい言ってしまうのでしょうけど、男性からすればガッカリだそうです。

 

そこは素直に受け取り「ありがとう」と笑顔でお礼を言いましょう。

 

男性からの意見として「対応ひとつで普段言われ慣れていないというのがバレバレでちょっと残念な気持ちになる」という意見もあるそうです。

 

男性も色々と思うことがあるんですね(笑)

 

あと、鏡を見る習慣がここのところめっきり少なくなったりするのも要注意です。

 

いつもバッグの中に入っていますか?

 

家でも時々は見て、「あ、眉間にしわ!」とか気が付いたら直す習慣を付けるだけでずいぶん変わってくると思います。

 

キッチンやパソコンデスク、リビングなど、いつも自分が長くいる場所や、良く座る位置に鏡を置いておくのはお勧めです。

 

いつまでも若々しく笑顔の素敵な大人女子でいられるよう、一緒に頑張りましょうね(^_-)-☆

 

-美意識